お久しぶりです!

   

どーも!

 

 

とてもお久しぶりのしーばです。

 

いや〜2ヶ月ぶりくらいの更新になってしまいました。

 

なかなかブログ書く時間が取れませんでした。

 

前にブログ作成したんですが、完成直前で全部消えてしまって、それ以降なかなか書く気になりませんでした。笑

 

 

ここ2ヶ月間はひたすらリサーチして新規優良ASINを増やしてました。

 

一応ASINは増えていますが、なかなか仕入れ額は増やせていないです。

 

最近は色々なツールがかなり出回っていて、競合のわき方や、価格崩壊のスピードがえげつないですね。

 

3年ほど輸入をやっていますが、こんなに利益率がひどいのは初です。

 

 

 

 

 

さてさて・・・

 

えーっと、色々な縁があって知り合いの知り合いが社長をしている地方の不動産会社へ面接に行ってきました。

 

 

もともと不動産業界に興味があって、何年か前に独学で宅建を取得していたんですが、それが役にたつかもしれないです。

 

 

面接に行く不動産会社も従業員を急募しているわけではないので、条件がぴったり合えば・・・みたいな感じでしたので

受かるか受からないは50:50くらいかな〜って思って面接に行ったのですが、

最初は結構雇用するつもりはなさそうな感じで話が進んでました。笑

 

 

 

結局1時間20分くらい世間話をして、面接は終わりました。

思っていた面接とは違って、楽しい面接でした。

 

結果はとりあえず保留で、一応採用していただけることにはなりそうですが、働かせていただけるとしたら来年くらいからになりそうです。

 

 

 

お互い急ぎで!ってわけでもなく、まぁいろいろとお互いの条件を出し合ったところ

採用であれば年末くらいに決定という形がベストでした。

 

 

とりあえず社長とLINE交換して、数回LINEしました。

一回くらいご飯連れて行ってほしいな。笑

 

 

 

とりあえず、副業で輸入をやることに関しては一切止められていないので、もし仮に就職したとしても堂々と副業で輸入をやっていけそうです!

 

 

僕的にはキャリアアップの一環として雇ってほしいな〜って思ってます。

 

 

 

 

 

最近は輸入でも色々トラブルがありましたが、一番大きなトラブルは商標権の侵害でしょうか・・・

 

 

過去2度商標権の侵害で申立を受けていますが、いずれも申立られた商標権番号は存在していなかったので

結構納得がいかないまま、こちらでできる対応をしていました。

 

 

 

今回も商標権番号が登録されていない商品でした。

申立してきた会社も検索しても見つからないので、存在していないと思われます。

 

 

僕が所属しているコミュニティのメンバーさんたちも以前同じような商標権の侵害で申立を受けていて

悪質な妨害行為っぽいので、今回は徹底的に戦ってやろうと思いました。

 

 

 

まずは、申立者にひたすらメールを送りました。

侵害したことの謝罪から始まり、今後販売しない旨も伝えた上で

商標権番号を検索しても存在しないので、証明書を提示してほしいことなど。

5通くらい毎日送りましたが、もちろん返事なし。

 

 

仕方ないので、Amazonに連絡しても返事がないし、社名が存在しないので電話もできないので解決に至らないこと

 

を連絡しましたが、

当事者同士で話あってくださいの定型文の返信。笑

 

あぁ・・・Amazonらしい。と思いながら

 

連絡がつかないのにどうやって話し合うのは教えてください。と連絡しても

当事者同士で話し合ってくださいの定型文の返事。

 

機械にメールしているみたいですね。笑

 

 

 

腹が立ったので、

なぜこの申立を受けたのか。

商標権番号を検索しても存在しないのに、なにを根拠に侵害と認めたのか。その証拠となる資料を送ってきてください。

などかなりの長文を送りつけたのですが、

 

返事の内容は

資料などは機密事項なので、提供できません。

申立を取り下げるには当事者同士で・・・・・

 

という定型文でした。笑

 

もう時間ももったいないので、

該当商品は自宅へ返送・SKU削除して、今後一切販売しないので、アカウント健全性の⚠マークを取り消してほしいと連絡しました。

 

 

その返事が

申立は当事者から取り下げが必要です。

当事者同士で・・・・ってやつだったので、めっちゃ腹が立って

 

 

Amazonに

 

定型文しか返事がなく、話にならないので電話します。

担当者の名前を教えてください。

 

電話では以下のことをお聞きします。

1.商標権番号に該当しないのですが、申立も受けた根拠は何ですか?Amazon側ではどのような調査をどのような方法で行っているのですか?

2.いくら連絡しても返事がなく、社名を検索しても存在すらしていないので電話番号もわかりませんが

どうやって当事者同士で話し合うのですか?

3.こちらでできる最大限の対応をしたのに、こちらでこれ以上どのような対応ができるのですか?できることを教えてください。

 

 

みたいな感じのメールを送ってやりました。笑

 

2日くらい返事がなかったので、

催促のメールを送ったら翌日に

 

「出品者様からお送りいただきました申立につきまして慎重に審査した結果、以下の商品にについて出品再開の手続きを行いましたので、ご報告致します。」

 

 

 

 

 

は?笑

 

この申立以降ペナルティかわからないけど、売上が4分の1に落ちてるんですけど。笑

 

ちゃんと調査してたら、こんなことにならんかったんちゃうの??

 

 

とか思いましたが、なんかちょっとAmazonに勝った気がして嬉しかったです。

 

 

 

皆さんも商標権の侵害って言ってくる妨害行為(本当に侵害している場合はひたすら謝りましょう。本当なら連絡がつくはずですし社名もちゃんとしているはずです)

に遭遇して、番号が存在しなかったりして

こちらが正しいと確信があれば、強気でAmazonを攻めてもいいかもしれません。

 

 

 

結構この手口の妨害行為は流行っているみたいです。

 

 

 

 

 

では、また更新します!

 

 


輸入・輸出ビジネスランキング
 

 - 未分類