Macでwindowsを使う

   

どーも!しーばです。

 

今日はMacでwindowsを使う方法を紹介しようと思います。

 

パソコンが全くダメなので、正確な情報かはわかりませんが、実際に僕がやっていることです!

 

 

輸入を始めた時から、僕はMacのパソコンを使っていますが

Windowsでしか使うことができない せどりアナライザー というツールを今年から導入しています。

 

MacでWindowsのツールを使うには、レンタルサーバーを借りてそこでWindowsを使うか

仮想環境を作ってWindowsを入れる必要があります。たぶん。

 

 

 

僕は今、同じツールを3つ稼働させています。

一つはレンタルサーバーで、一つは仮想環境にwindowsをダウンロードして、あと一つはwindowsのノートパソコンを一台(激安の)。

 

 

まず、レンタルサーバーは お名前.com のサーバーを利用しています

レンタルサーバーのメリットは、24時間常に稼働させれることです。

デメリットは、月額で費用がかかること。これがかなり痛い。。

 

 

次に仮想環境を作るためにParallelsを購入して、Macに取り込みそこにダウンロード版のwindowsを入れています

こちらのメリットは買い切りなんで、月額費用がかからないことです!

デメリットは、パソコンの電源が切れていたり、スリープ状態だとツールが回らないってことです。

僕はiMacに仮想環境を作ったので、今は常に電源が入った状態にしています。

電源をつけておかないと稼働しないって最初は知らなくて、Macbookにwindowsを入れていて

iMacに移行させようとしたけど、何度やってもうまく移行できず、windowsを買い直すことになりました。笑

 

あとはMouseのノートパソコンを買って、常に電源を入れた状態でツールを回しています。

 

 

レンタルサーバーや仮想環境の設置方法などは、調べれば出てくるので調べてください。笑

 

 

今日は以上です!


輸入・輸出ビジネスランキング
 

 - 輸入ビジネス