第1章 P君との出会い

   

 

ブログを始めて1ヶ月ちょっと・・・

 

そろそろ自己紹介していきます!!

 

プロフィールと結構かぶるかもしれませんが、輸入を始めることになった経緯を少し・・・

 

 

 

第1章・・・P君との出会い(人生を変える出会いでした)

 

 

 

あれは・・大学2年生の時でした・・・

 

 

 

 

 

僕の通っていた大学はかなり小さい大学で、高校ってくらいの規模の大学です。

 

 

そして学祭に力を入れている大学で、だいたいの人が(言い過ぎかな)学祭の実行委員会に入っていました。

 

僕も「みんなが入るから入ろ」的な感じで学祭の実行委員になりました。

 

 

学祭は1、2年の生徒がメインになってやっていくのですが、

僕は1年の時コンビニの夜勤が忙しく(夜勤週7とか)、途中で学祭をやめてしまいました。

とゆうよりは、強引に入れられた班がイヤで夜勤ばかりして活動に参加できなくして

辞めてもいいよ。みたいな流れに持って行きましたね。笑

 

 

で、2年になってもっかい学祭のメンバーに入ろう・・・

そう決めました。

 

 

だいたいの人が1年の時に担当していた班にそのまま入ります。

 

 

僕が新たに入った班も、ほとんどが1年の時にやっていた人たちでした。

 

 

つまり完全にアウェイなわけです。

 

みんなは1年前から知っているメンバーなんですが、僕は知り合いがほぼいません。

 

つまり完璧なアウェイなわけでした。

 

ん〜・・なんかミスったかな〜。と本気で考え

去年やった夜勤入りまくる作戦、もっかい行くか・・とか思ってました。

 

そして班の活動が始まり、まずは自己紹介が始まりました。

班の中でも小さなグループに分かれての自己紹介でした。

 

 

当時、まだトゲトゲしく、触れるもの皆傷つけていた僕だったので笑

ここで舐められたら、今後の選手生命が危うい・・・と思い

ここはかなり攻めていこう。と決心しました。

 

 

自己紹介が始まり、優しい声で

「しーば君はあだ名とかあるん?」と言ってきてくれた人がいました。

 

 

 

(ついに来たか。刺客め・・・。)

 

 

 

「ない」      僕はそう言いました。

 

 

 

「・・・」

 

 

 

続けて優しい声で

「今までなんて呼ばれてた?なんて呼ぼう?」

 

 

(こいつ、性懲りもない奴め・・・)

 

 

「別に呼ばんでええで。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この優しい声の主が僕の人生を変える重要人物P君です。

 

そしてこれが、僕とPくんとの初めての会話でした。笑

 

 

たまにP君に「あん時は本気でこいつ無理やわって思った」って言われます。

 

 

 

 

それからなんだかんだあって、すっかり班に溶け込めて、仲良くなり笑

 

毎日  飲み会、ボーリング、夜勤・・・

 

完全に青春してました!!

 

 

 

 

P君は超理論派で、当時パチンコでかなり儲けていました。

そんなP君の教えで僕もパチンコの世界に入り込んでいくのです・・・

 

 

 

 

 

第2章へ続く・・・・

 

 

 

次回予告  

 

  第2章  

今までギャンブルなど無縁の生活を送ってきた僕に

新しい世界を教えてくれた少年P・・・

 

人生の分岐点とも言える少年Pとの出会いによって

僕の人生はどう変わっていくのか!!

 

 

次回  毎日、パチンコ、通って

 

 


輸入・輸出ビジネスランキングへ




 

 

 

 

 

 

 - 自己紹介