輸入ビジネスで関わる法律

   

どーも!しーばです。

 

今日は輸入に関わる法律について書きます!

 

ビジネスをやっていく上で法律は避けられませんし、知らなかったは通用しないっぽいです。

僕も全部知っているわけではないですが、関わりがありそうな法律は一応見ているつもりです。

 

まずは『食品衛生法』です。ウィキペディアさんお願いします。笑

 

本法で規制対象となる食品は、医薬品や医薬部外品を除いた「すべての飲食物」である(法第4条)。したがって、法の規制としては、医薬品医療機器等法が優先する形となっている。食品と添加物の他、食器、割ぽう具、容器、包装、乳児用おもちゃ(乳児が口に入れるおそれがあるため)についても規制の対象となっている。なお、同じく口に入れるものであっても、歯ブラシやたばこなどは食品ではないため、規制の対象外である。

また、営業目的で食品の販売や使用することに対する必要な規制について定められており、例えば、家庭内での調理や個人輸入については規制は及ばない。なお「販売」には、不特定または多数の者への販売以外の授与を含むとされる(例えば、街頭において無償で食品を配布することは、規制の対象(金銭の交換は問わない))。

また、営業には、農業及び水産業における食品の採取業は含まれておらず、農家や漁師も対象とはならない。(例外として、乳の搾乳は対象となる。)

                                                                 以上、ウィキペディアより抜粋

こんな感じです。笑

えーっと、6歳児未満が対象のおもちゃや、コップとかも該当しますし、搾乳機もダメみたいです。。。

友達が搾乳機で引っかかてました・・・。笑

個人使用の場合はオッケーです!!はい。

 

 

次!『電気用品安全法』です。先生、お願いします。

電気用品安全法 Wiki

長いのでURLから確認お願いします。笑

これはコンセントが付いてるものにはPESマークがついていないと違法ですよーってことですね。

並行輸入したものにはPESマークついてないんで、コンセントがある商品は避けるか、許可をとりましょう!

 

 

あとは『電波法』ですかね。

トランシーバーとかBluetooth系ですね。このへんはなんか常識的にわかるような気もします。

 

ほんの一部だけ書きましたが、他にもいろんな法律が絡みますので、ぜひ調べてから仕入れをしましょう!

僕自身、輸入を始めた時は何も知らずに仕入れしていて、

関税で止められて破棄してもらって、当時の資金的にかなり痛い思いをしました!

 

その時の商品はこれです。→米アマゾンでの商品ページが消えていたので、このページ貼ります。

 

今思ったら明らかにやばそうですが、当時は利益が出るなら・・・って思いでやってました。笑

 

法律は守りましょう!!

 

では!

輸入・輸出ビジネスランキングへ
参考になりましたら、ポチっとお願いします。




 - 輸入ビジネス