Amazon仕入れするときに気をつけること

   

どーも!しーばです。

 

今日の記事は結構ニッチな話で、輸入を始めたばかりの人向けです。

輸入を始めたばかりの方は大体がアメリカアマゾンからの仕入れになると思います。

 

1日の仕入れでまとめてカートに入れておいて、リサーチ後にまとめて購入している方もいると思いますが、

この仕入れ方法はやめたほうが良いです。

 

気をつけたいことは 購入する際は1商品1商品ずつ会計を分けたほうが良い。とゆうことです。

 

会計上、年度末に在庫がいくらあるのかを計算しないといけないのですが、

まとめて購入していると1商品の正確な価格がわからない。てことが起きます。

 

例えば、『Aが$29.99で4つ、Bが$49.99で2つ、Cが$12.99で5つ』をまとめて会計して$284.89払ったとします。

で、年度末にAとBが一つずつ在庫で残っていたとしたら、計算面倒です。

 

アマゾンの履歴から領収書を開いて、$284.89が日本円でいくらか確認して、そこからまた細かな計算しないと

正確な仕入値が出せません。

 

なので、A、B、Cの商品は分けて会計しましょう!

しっかり分けて会計していれば、Aの正確な仕入値を知る必要があれば、Aの領収書を開いて、➗4すればすぐに出ます。

 

ビジネスには正確な数値が必要ですので、数値にはこだわって、いつでも簡単に確認できるようにしたほうが良いです。

 

 

細かい話ですが、結構重要です!決算で無駄に時間を取られないようにしましょう!!

 

 

 
輸入・輸出ビジネスランキングへ

 - 輸入ビジネス