アマゾンと楽天ヤフオクの販売スタイルの違い

      2016/04/14

どーも!しーばです。

本日はアマゾンその他(楽天、ヤフオク)の販売モデルの違いについてです。

その違いは、「商品の並び方」です。

まず、楽天やヤフオクの商品の並び方ですが、消費者Aはパソコン画面越しに同じ商品Bの並びがこのように見えます。

B B B B B B B B

         ⬆︎

         A

Bとゆう商品を販売しているセラーさんが8人いた場合、8人がそれぞれ自分の商品ページを作り、販売しています

この中からわれわれは、商品の価格、セラーさんの評価などを参考に良いなっと思ったセラーさんから自由に選んで

商品を購入します。

でもアマゾンの場合はこう見えます。

A ➡︎  B B B B B B B B

こんな感じ。

つまりアマゾンには同一の商品のページは1ページしかないのです。

8人セラーがいても商品のページは1ページ。

どんな価格にしていてもほどんどの購入者は正面に見えている商品を購入します。

この正面に見えている商品が『メインカート』を取っているのです。

つまりアマゾンで商品を販売するにあたって、最も重要なことは
この『メインカート』を取ることです。

メインカートを取るには・・・は明日書きます!

では!


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ



 - 輸入ビジネス